ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 仮想通貨ニュース > マカフィー氏の強気仮想通貨予想

マカフィー氏の強気仮想通貨予想


おすすめビットコイン取引所

 bitflyer(ビットフライヤー)

日本最大のビットコイン取引所。流動性が高く、セキュリティも万全!スマホアプリも◎

Zaif(ザイフ)

手数料がマイナスになるなど、手数料の安さで有名の業者。積立サービスも大好評。

bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

仮想通貨界できっての仮想通貨肯定派であるジョン・マカフィー氏。
セキュリティソフトで有名な「マカフィー」の創立者であり、アンチウイルスソフトウェア・デザイン・ウイルススキャナ開発の先駆者です。
このマカフィー氏はかなりの仮想通貨肯定派であり、過去仮想通貨に関するツイートを何度も行ってきています。その都度ツイートされた仮想通貨が暴騰するなど、その破壊力から「マカフィー砲」とも呼ばれるようになりました。
 
ここ最近仮想通貨の地合がよくなく1BTC=60万円代まで下がるかもという予想さえされている中で、ジョン・マカフィー氏は最近特に元気なツイートを繰り返しています。
ここでは、マカフィー氏の強気予想を紹介し、仮想通貨フォルダーには元気になってもらおうと思います。
 

ビットコイン価格は2018年6月に15,000ドルを超えると予想

ビットコインは6月に$ 15,000を上回ります。7月には落ちるだろう。
GNT(Golem)は7月末までに5ドルを超えるだろう
Deocademic(MTC)は7月中旬に$ .73を打つ
Bezopは7月中旬に$ 0.52を打つ
Bitcoin Privateは7月末までに200ドルを上回ります
EOSは7月末までに32ドルを打つ

 

マカフィーおすすめ仮想通貨2018年5月版

2018年5月24日にツイートしたおすすめ仮想通貨はビットコインの他に5種類のアルトコインになっています。
これらの通貨はHITBTCか、BINANCE(GNT,EOS)にて取扱のある通貨です。
 

Golem(GNT)

GNT(Golem)は7月末までに5ドルを超えるだろうと予測。
 

Deocademic(MTC)

Deocademic(MTC)は7月中旬に$ .73に到達すると予測。マカフィー砲効果?でだいぶ価格が上昇しています。
 

Bezop(BEZ)

Bezopは7月中旬に$ 0.52に到達すると予測。こちらは実現しそうな数字です。
 

Bitcoin Private(BTCP)

Bitcoin Privateは7月末までに200ドルを上回ると予測。もし本当にそうなるとしたら相当な値上がりが起きることになります。
 

EOS

EOSは7月末までに32ドルに到達すると予測。EOSはメインネットの移行も控えており、ひょっとしたらありえるかな、とも思います。
 

上位10種の通貨は劇的な上昇を見せるとも


 

機関投資家は、暗号通貨市場に参入する準備を進めています。 彼らは一般的に長期投資家であり、市場に何十億もの資金を投入するだろう。 トップ10のコインがかなり早く最高値を通過することを期待してください。 大量のアルトコインもすぐに追従するでしょう。

 
マカフィー氏は想通貨市場への機関投資家からの現金資本の流入により上位10種の通貨は劇的な上昇をするとも予想しています。また仮にそうなった場合はその他のアルトコインも追従すると予想しています。

 

2020年には1BTC=1億円以上?!

マカフィー氏は2017年の予言(?)で「2020年にはビットコインは50万ドル(約5525万円)に達する」とも述べており、それをさらに引き上げ「2020年にはビットコインは100万ドル(1億円以上)に達する」とも上方修正して話題を集めました。
しかも、もしこれが達成しなかったら自身のディック(う●こ)を民放で食すと発言しています。




キーワード