ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ

QASH(LIQUID)-キャッシュ- の特徴と将来性


人気ビットコイン取引所TOP3

 1位:bitflyer(ビットフライヤー)

日本最大のビットコイン取引所。流動性が高く、セキュリティも万全!スマホアプリも◎

2位:Zaif(ザイフ)

手数料がマイナスになるなど、手数料の安さで有名の業者。積立サービスも大好評。

3位:bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

注目:Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

  2018年は様々な仮想通貨が大きく飛躍する可能性のある年です。国内取引所に合わせて取引可能通貨が圧倒的に多い海外取引所の開設をオススメします!
 

QASH(LIQUID)の特徴

仮想通貨取引所QUOINEXを運営するQUOINE社が発行するトークン

QASHは国内でもサービスを提供する仮想通貨取引所QUOINEXを運営するQUIONE社が発行するトークンで、「LIQUID」という独自のプラットフォーム場での通貨が「QASH」になります。
海外の取引所で有名なBINANCEの独自トークン「BMB」やKuCoinの「KCS」のようにQUOINEXが独自に発行するもので、 QASH自体の価格上昇期待もありますが、、QUOINEが立ち上げを支援する他社のICOトークンセールへの優先的な参加やサービスの手数料の支払いなどの特典も期待できるものになります。

coinmarketcapでも上位100位以内に位置し、国内取引所でも取引できる割安なトークンということで、これから仮想通貨通貨を始める人にも勝負しやすい銘柄ともいえます。
 

 

QASH(LIQUID)の価格推移


 
QASHはICO時は27円だったのですが、約50円で上場を果たし、順調に価格をあげて、2018年1月には200円代を突破しています。
 

世界で連携する仮想通貨プラットフォームを目指す

QUINEのホームページには以下のようにQUINE LIQUIDプラットフォームの説明があります。
 

QUIINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(WorldBook)に集約。さらに、その流動性を享受するために必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUINE LIQUIDプラットフォームユーザー全てに世界中の流動性のアクセスを提供します。

 

 
現在はそれぞれの地域の範囲内でしか取引されていないために流動性が世界中に散らばっている状況です。

QUIONE LIQUIDプラットフォームは世界中に点在する仮想取引所が提供する全ての流動性を1つのプラットフォームに集約し、QUIONE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに対して世界中の流動性へのアクセスを可能とします。
 

 

QASHを持っているとどんないいことがあるのか?

 
LIQUIDプラットフォームは世界中の取引所を繋ぎ取引をマッチングさせる壮大なプロジェクトであり、完成すると仮想通貨界にとって大きな変革を起こす可能性を秘めています。QASHを持つことでこのプラットフォームにおいて恩恵を受けることができることが考えられ言えます。そのためLIQUIDプラットフォームで利用するQASH需要はとても高まり価格も高騰すると考えられます。
 

新たな通貨の取引が可能になる

LIQUIDには世界中の取引所の様々な通貨の取引が接続されるようになります。そのため、日本で取引の承認がされればすぐに新たな通貨の取引が可能になります。
この時QASHはLIQUIDの中で重要な存在であり、取引はQASHで行えるようになります。しかもQASHを利用した支払いの場合手数料が割引になります。
 

ICOのプラットフォームになる

ICOの参加もLIQUIDプラットフォームで可能になります。ICOの申し込みの支払いをQASHで行うようになったり、QASHで支払う場合は通常より割引の価格でのICO参加が可能になるかもしれません。
 

QASHを貸し出せるようになる

将来的にはLIQUIDプラットフォーム上でQASHをはじめとした仮想通貨を貸し出すことも可能になる予定です。
貸し側は、利子としてQASHを受け取ることが可能となります。
 

まだ公表できないメリットも・・・

QUOINEのChief Trading OfficerであるAndre Pemmelaarさんの話によると、まだ公表できないものの、QASHを持っていることによるメリットはまだあるとのことで、そのうち徐々に公表されてゆくことになりそうです。

 

QASH(LIQUID)の将来性

 

強力なプロジェクトメンバー


 
仮想通貨の将来性は技術もさることながらプロジェクトメンバーが非常に重要です。
QASH(LIQUID)のプロジェクトメンバーは非常に強力で三菱UFJフィナンシャル・グループ、モルガン・スタンレーの要職を歴任してQUOINEの取締役になっている田中氏、ソフトバンクグループの海外事業戦略室元室長、ヤフーのマーケティング本部長からQUOINEの取締役になっている大蘿氏をはじめ、東京証券取引所の元取締役、Visaの副社長、楽天の元CTO、ヤフーの執行役員など、あらゆる業界の要職についている人がプロジェクトに参加しています。
SBIインベストメントやJAFCOからの出資も受けており、プロジェクトとして非常に有望です。

 

Bitfinexと提携

2017年10月世界でも有数の仮想通貨取引所であるBitfinexとの提携が発表されました。世界第有数の取引量を誇る仮想通貨取引所のBitfinexのサポートを受けることで、Liquidの国の垣根を超えた流動性を作るという目標は実現性が高まりました。
 

BINANCEとパートナーシップを発表

さらに世界で最も急速に成長している仮想通貨取引所「BINANCE」は、「QUOINE」と戦略的パートナーシップを締結。QUOINE LIQUIDプラットフォームを強化するため、Binanceがグローバルな流動性アライアンスに加わったということになります。
 

ジブラルタル証券取引所と戦略的事業提携

2017年12月にQUOINE株式会社およびその子会社であるQUOINE Pte Ltd.は、ジブラルタル証券取引所との戦略的事業提携に関する基本合意を締結しました。
戦略的事業提携の主な内容はジブラルタル証券取引所の子会社Gibraltar Blockchain Exchange(GBX)にQUOINEの仮想通貨取引所システムおよび仮想通貨流動性を提供することと、 GBXが提供する仮想通貨取引所にQASHを決済手段として使用すること、さらにLIQUIDへGSXグループが主要パートナーとして参画することとなっています。
 

銀行業務ライセンスを申請中

さらに、QUOINEはユーザーに提供でるサービス範囲を拡大するために正式な銀行業務ライセンスを申請中とのこと。着実にプロジェクトを進行しているようです。
 

LIQUIDプラットフォームβ

LIQUIDプラットフォームにつきまして、ベータ版(テスト版)が2018年4月末ごろにとうとう公開される予定です。

 

QASH(LIQUID)が買える取引所

QASH(LIQUID)は日本で一番最初に認可された仮想通貨取引所であるQUOINEX(コインエックス)が手がけるトークンですので、国内取引所のQUOINEX(コインエックス)で購入することが可能です。国内取引所で取引できる大化けする可能性のあるトークンなので手がけやすい通貨でもあります。

QUOINEX

QUOINEX
QUOINEX

日本で初めて認可された仮想通貨取引所。世界でも有名なフィンテックグループであるQUOINEが運営する仮想通貨取引所です。世界で有数の取引所と提携しており高い流動性があります。また、「QASH」のICOを行なっており、「QASH」を買うことができます。




キーワード