ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > ビットコイン取引所比較 > 仮想通貨取引所をセキュリティで比較

仮想通貨取引所をセキュリティで比較


人気ビットコイン取引所TOP3

  1位:Coincheck(コインチェック)

アルトコインの取扱種類もNo.1。スマホアプリも使いやすくてオススメ。

2位:bitflyer(ビットフライヤー)

日本最大級ビットコイン取引所。口座開設や送金など対応も早くオススメ!

3位:Zaif(ザイフ)

手数料がマイナスになるなど、手数料の安さで有名の業者。積立サービスも大好評。

注目:Binance(バイナンス)

日本語対応の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

  2018年は様々な仮想通貨が大きく飛躍する可能性のある年です。国内取引所に合わせて取引可能通貨が圧倒的に多い海外取引所の開設をオススメします!
 

認証/証明書で比較

ビットコイン 仮想通貨取引所の認証に関して採用されているセキュリティ技術を比較します。ここでは基本の二段階認証とSSL証明書の比較を行います。二段階認証はID/パスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。国内のビットコイン取引所は全て二段階認証を導入しており、利用が推奨されています。
もう一つの比較はSSL証明書の評価サイトであるSSLLABOにて分析を行なった結果です。A+が一番脆弱性が少ないと判定された結果となります。

 

取引所名二段階認証SSL評価
bitflyerA+
coincheckA
ZaifA
QUOINEXA+
GMOコインA
みんなのBitcoinC
ビットトレードA

ウォレットで比較

大切なビットコインを保管するウォレットに対して採用しているセキュリティ技術を比較します。コールドウォレットとはウォレットをネットワークにつながっていない、安全なところに保管することで、不正アクセスできなくする技術です。また、マルチシグネチャは一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる技術のことで、最重要データであるプライベートキーが1つ漏洩しても、別のキーがなければビットコインの送付が出来なくなるため、より高いセキュリティが確保できる技術です。

 

取引所名コールドウォレットマルチシグネチャ
bitflyer
coincheck×
Zaif
QUOINEX
GMOコイン
みんなのBitcoin×
ビットトレード

補償制度で比較

独自の補償制度が用意されているのはbitflyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)の2社のみです。両者の制度は微妙に異なっており、bitflyerは不正ログインにより出金被害があった場合、coincheckは不正ログインでの損害全て(送金を含む)なので、coincheckのほうが補償範囲は広いと言えます。ただ、補償額はbitflyerのほうが最大500万円まで補償されるので補償は大いと言えます。ただ、どちらにしても補償を行なっているのはこの2社だけなので、他社に比べてメリットは大きいと言えます。
 

取引所名補償制度
bitflyer二段階認証登録ユーザーが不正出金の被害にあった場合最大500万円まで補償
coincheck二段階認証登録ユーザーが不正ログインにより損失を受けた場合最大100万円を補償

 

まとめ

セキュリティではbitflyerが一番充実

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内のビットコイン取引所は一定の基準は全社満たしているため避けるべき会社は無いという結論ですが、その中でも特にセキュリティが充実しているのはbitflyer(ビットフライヤー)です。
企業体力がある分セキュリティにも十分力を入れています。
公式サイトへ行く




キーワード