ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ

ビットコインの税金まとめ


ビットコイン取引で儲かった場合、税金はどうなるのでしょうか? しっかり税金がかかります。儲かった時のために税金のことも勉強しておきましょう。

 

ビットコインの税率

[平成29年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

 

ビットコインで得られた全ての利益は原則として、雑所得に区分され税金が課税されます。
雑所得とは、一般的にアフィリエイト報酬や、転売によって得た利益などが該当します。雑所得が1年で20万円を超えると確定申告したうえで、税金を支払う必要があります。

雑所得の税率

[wpsm_comparison_table id=”1″ class=”center-table-align”]

雑所得には控除額が設定されています。例えば、200万円の利益が出た場合、97,500円マイナスされた190万2,500円に対して20%の税金がかかります。

 

課税区分は「総合課税」

ビットコインなどの仮想通貨取引で得た利益は「総合課税」扱いとなります。総合課税とは各種の所得金額を合計して所得税額を計算するというもので、サラリーマンなどの場合、給与所得と合計して所得税額が計算されます。
これが少々厄介で、給与所得500万円でビットコインの取引で200万円利益を出した場合、700万円の所得として所得税が計算されます。
結果、500万円の給与所得では30%の所得税と住民税が課税されて源泉徴収されていたのですが、500万円分の給与所得も33%の課税になるため、給与所得分も3%追加で税金が徴収されてしまうのです。それに加え200万円の利益には33%の税金がかかります。

 

課税区分は「総合課税」

ビットコインなどの仮想通貨取引で得た利益は「総合課税」扱いとなります。総合課税とは各種の所得金額を合計して所得税額を計算するというもので、サラリーマンなどの場合、給与所得と合計して所得税額が計算されます。
これが少々厄介で、給与所得500万円でビットコインの取引で200万円利益を出した場合、700万円の所得として所得税が計算されます。
結果、500万円の給与所得では30%の所得税と住民税が課税されて源泉徴収されていたのですが、500万円分の給与所得も33%の課税になるため、給与所得分も3%追加で税金が徴収されてしまうのです。それに加え200万円の利益には33%の税金がかかります。

 

税金は確定申告で申告

1月から12月の所得に関しては翌年の確定申告期間(2月16日〜3月15日)の間に申告をする必要があります。申告は税務署の他に今ではe-taxにてネットで申告書を作って申告することもできるので随分楽になっています。

 

損益通算・繰越しは不可

もし、ビットコイン等の取引で赤字(利益がマイナス)になった場合、給与所得との相殺は認められません。また、赤字(損失)を翌年以降に繰越すことができないので、ビットコインをはじめとした仮想通貨は税制に対しては不利な扱いになっていると言えます。

 

ビットコイン課税のタイミング

ビットコインを買ったり、所有している段階では課税の対象にはなりません。以下のタイミングで課税の対象となります。
 

日本円になった時点で利益は課税対象

ビットコイン課税のタイミングで確実なのは仮想通貨(暗号通貨)から「円(JPY)に利確した段階で、課税義務が発生する」のは確実です。
また、税務署がどうやって把握するかはわからないのですが、物を買う時にも所得税がかかると言う見解です。例えば、10万円で買ったビットコインが50万円の価値まで上がり、50万円の物をビットコイン決済で買うと40万円の利益認定となるそうです。それは、一旦日本円になって決済されたと考えるからなのだそうです。
 

アルトコイン・ビットコイン同士の売買は見解が異なる

「ビットコインとオルトコインを交換した場合」に関しては、方針が定まっていないケースです。ビットコインとオルトコインを交換した場合、一旦日本円に変えてからオルトコインに変えたと言う考え方であれば課税の対象とも考えられるのですが税理士の見解も異なり法整備が整っていないので現状では誰も分からないと言う状況のようです。
もっとも、課税対象としても、税務署がどうやって把握するかではあるのですが・・・。
 

ビットコインの税金を節税するには

ビットコインを買ったり、所有している段階では課税の対象にはなりません。あくまでも「円(JPY)に利確した段階で、課税義務が発生する」ため、ビットコインのまま持っていれば所得税の対象とはなりません。
そのため、計画的に日本円にして税金をコントロールするのも一つの手です。
総合課税ですので、サラリーマンの場合、給与所得とのバランスをみて税率が上がる範囲内での換金をするなども一つの手です。




キーワード