ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 仮想通貨取引活用編 > 仮想通貨バイナリーオプションスタート

仮想通貨バイナリーオプションスタート


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

QUOINEXがLiquidにパワーアップ!圧倒的な流動性を備えたプラットフォーム。

GMOコイン

スマホのチャート機能が圧倒的に高性能!取引所形式も開始してますます便利に!

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

ビットコインやイーサリアムでバイナリーオプションを

バイナリーオプションとは、設定された現時点の価格が現時点の価格より最終的に高くなっているか、低くなっているかなるかを予想するシンプルな投資です。もともとFXの通貨ペアでサービスされており、投資方法がシンプルであることから根強い人気のある投資商品です。
 
例えば、翌日6時の時点のビットコインの価格が現在の価格より上(HIGH)か下(LOW)かを予想し、予想通りの結果とになれば1.8倍〜2倍になって払い戻され、もし外れればゼロになるという取引です。
 
一見丁半博打のようでもあるのですが、判定時間までの間で飛び降りる(利確/損切り)することもでき、奥が深い投資商品でもあります。
また、支払った金額以上の損失は発生しないため損失を限定できるというメリットもあります。
 

本格的仮想通貨バイナリーオプション登場


 
一番メジャーで運営がしっかりしている「ハイローオーストラリア」というバイナリーオプションサービスで2018年5月より仮想通貨バイナリーオプションが開始されました。
このハイローオーストラリアというバイナリーオプションサービスはオーストラリア金融当局の監督の元に運営されている企業で、三井住友銀行経由の入出金も可能なのが特徴の評判が高い業者でもあります。
 

ビットコインをはじめ5種類の仮想通貨を取扱


 
従来より「Optionbit」という業者にてビットコインのバイナリーオプションの取扱はあったのですが、今回始まったハイローオーストラリアはビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコンキャッシュ、ライトコインという主要通貨のバイナリーオプションを取り扱っているのが大きな特徴です。
自分が特に気にしている通貨でバイナリーオプションをすることが可能です。
 

仮想通貨の入金が可能


ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは仮想通貨の入金も対応しています。ビットコインとビットコインキャッシュを入金することが可能になっています。
仮想通貨の入金に対応している業者はまだ少ないので仮想通貨からバイナリーオプションを始めてみようと思っている人にはメリットかと思います。
 

最大2倍のペイアウト


 
ハイローオーストラリアはペイアウト率が高い業者としても有名です。
通常のバイナリーオプション(0.001でも上がったり下がったりすればよい)でも1.85倍、スプレッド(スプレッドとして設定された範囲以上の値動きがないとダメ)取引では2倍のペイアウトが設定されています。
 

途中で転売も可能


 
ハイローオーストラリアは転売が可能です。バイナリーオプションは判定時間に近くにしたがって予想が当たって入ればペイアウト額があがってゆき、逆に予想が当たっていなければ価値がゼロに近づいていきます。
判定時間前でも「転売」をすることにより、その時点の価値で利確/損切りが可能です。
 

スマホアプリで仮想通貨バイナリーを取引対応


ハイローオーストラリアはスマホの取引アプリでPCとほぼ同等の取引環境を実現しています。
仮想通貨の取引ももちろんスマホで可能なので、いつでもどこでもチャンスを逃すことはありません。アプリは直感的に使える使いやすいアプリです。
仮想通貨以外の取引も全て可能なので、通勤中の電車や会社の休憩時間に1分や30秒の為替バイナリーオプションでお小遣い稼ぎも可能です。
 

仮想通貨取引のリスクヘッジに

仮想通貨はボラティリティが高い資産なので、大きく上がったり下がったりします。
長期で保有をしていた場合、時に大きく下げる局面も発生し、一旦飛び降りるか悩むものです。そんな局面でバイナリーオプションをうまく活用して「売り」でエントリーすると一定のリスクヘッジとして活用することが可能です。
とっても簡単な投資なので、ゲーム感覚で行ってしまいがちですが、リスクヘッジとしてうまく活用するのもよいと思います。
 




キーワード