暗号資産取引ナビ -CoinNavi-
暗号資産取引ナビ -CoinNavi- > 仮想通貨取引活用編 > 仮想通貨バイナリーオプションスタート

仮想通貨バイナリーオプションスタート


icon-refresh2019/10/23

バイナリーオプションとは、設定された現時点の価格が現時点の価格より最終的に高くなっているか、低くなっているかなるかを予想するシンプルな投資です。もともとFXの通貨ペアでサービスされており、投資方法がシンプルであることから根強い人気のある投資商品です。

例えば、翌日6時の時点のビットコインの価格が現在の価格より上(HIGH)か下(LOW)かを予想し、予想通りの結果とになれば1.8倍〜2倍になって払い戻され、もし外れればゼロになるという取引です。

一見丁半博打のようでもあるのですが、判定時間までの間で飛び降りる(利確/損切り)することもでき、奥が深い投資商品でもあります。

 

仮想通貨バイナリーオプションのメリット

仮想通貨バイナリーオプションは、特徴のある投資商品だけに独自のメリットがあります。
 

損失が限定される

バイナリーオプションは予想が当たれば投資額の1.5倍から2倍、最大10倍程度のリターンがある一方、外れるとゼロ円になる投資商品です。
一見ハイリスクに見えますが、支払った金額以上の損失は絶対に発生しません。 そういう意味で損失があらかじめ限定されているのでリスクコントロールしやすく、特に仮想通貨の場合暴落や暴騰の可能性が法定通貨よりも高いため現物塩漬けでとんでもない含み損を抱えるというような心配もありません。
 

わずかな時間で数倍のリターン

仮想通貨のバイナリーオプションは数分から数時間後には必ず結果が出ます。しかも当たれば2倍近いリターンが期待できますので投資効率が非常に高いです。
 

ボックス相場でも大きなリターンが狙える

バイナリーオプションは相場の変動幅でリターンが変わるものではなく、予想が当たるか当たらないかの2択でリターンが決まります。なので、相場が大きく動かないボックス相場でも変わらず2倍程度のペイアウトを安定して狙うことができます。
 

仮想通貨取引のリスクヘッジにも使える

仮想通貨はボラティリティが高い資産なので、大きく上がったり下がったりします。
長期で保有をしていた場合、時に大きく下げる局面も発生し、一旦飛び降りるか悩むものです。そんな局面でバイナリーオプションをうまく活用して「売り」でエントリーすると一定のリスクヘッジとして活用することが可能です。
とっても簡単な投資なので、ゲーム感覚で行ってしまいがちですが、リスクヘッジとしてうまく活用するのもよいと思います。

 

仮想通貨バイナリーオプション対応業者4選

 

バイナリーオプションは従来は為替が投資対象になっていたのですが、最近は仮想通貨を対象としたバイナリーオプションを提供している業者が増えてきました。
ここでは、日本国内で運営実績が長く、日本語でサポートをしっかり行なっており、トラブル報告がないバイナリーオプション業者を3社厳選して紹介します。

 

ハイロー(ハイローオーストラリア)

 

一番メジャーで運営がしっかりしている「ハイロー」というバイナリーオプションサービスで2018年5月より仮想通貨バイナリーオプションが開始されました。
このハイローというバイナリーオプションサービスは日本国内でトップクラスの運営実績があり、国内銀行経由の入出金も可能なのが特徴の評判が高い業者でもあります。

 

ビットコインをはじめ4種類の仮想通貨を取扱

今回始まったハイローオーストラリアはビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインという主要通貨のバイナリーオプションを取り扱っているのが大きな特徴です。
自分が特に気にしている通貨でバイナリーオプションをすることが可能です。

 

仮想通貨の入金が可能で手数料無料

 

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは仮想通貨の入金も対応していますが、2019年になって仮想通貨の入金がパワーアップしました。
ビットコインでの入金になりますが、入金する場合、ほぼ全てのウォレットからの入金が可能で何より入金実行したタイミングでレートが確約され手数料無料で入金が可能です。手数料はHighLow側が負担するため、送金を「最速」にしても手数料の心配はなく、より早い資金移動が可能です。

最大2倍のペイアウト

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高い業者としても有名です。
通常のバイナリーオプション(0.001でも上がったり下がったりすればよい)でも1.85倍、スプレッド(スプレッドとして設定された範囲以上の値動きがないとダメ)取引では2倍のペイアウトが設定されています。

 

途中で転売も可能

ハイローは転売が可能です。バイナリーオプションは判定時間に近くにしたがって予想が当たって入ればペイアウト額があがってゆき、逆に予想が当たっていなければ価値がゼロに近づいていきます。
判定時間前でも「転売」をすることにより、その時点の価値で利確/損切りが可能です。

 

スマホでも仮想通貨バイナリーを取引対応


ハイローオーストラリアはスマホの取引アプリまたはWEBでPCとほぼ同等の取引環境を実現しています。
仮想通貨の取引ももちろんスマホで可能なので、いつでもどこでもチャンスを逃すことはありません。アプリは直感的に使える使いやすいアプリです。
仮想通貨以外の取引も全て可能なので、通勤中の電車や会社の休憩時間に1分や30秒の為替バイナリーオプションでお小遣い稼ぎも可能です。

 

ハイローでの仮想通貨バイナリーオプションのポイント

ハイローの仮想通貨バイナリーオプションは当日の7:00開始の翌日 6:00判定のサイクルになっており、締め切り時間が15分前の5:45になっています。

23時間先の未来の予想よりは15分先の未来の予測の方が格段に角度が上がります。このためハイローで勝負する場合は締め切り時間近くでのトレンド踏まえた予測で勝負する方が勝ちやすいと言えそうです。

 

 

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツはハイローとは違うシステムを採用しているので、また違った取引ができるのが面白い業者です。
国内銀行を利用したクイック入出金にも対応し、着金も非常に早いので安心感があります。運営もしっかりしているので問い合わせ対応もしっかりしてくれます。

 

ビットコインをはじめ4種類の仮想通貨を取扱

ファイブスターズマーケッツもビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコインの4種類の取引に対応しています。

 

最短2分から45分後までの短期バイナリーを提供

ファイブスターズマーケッツは仮想通貨でも短期バイナリーオプションができる珍しい業者です。
最短2分後の価格が現在より上か下かを予想する超短期バイナリーオプションの提供も行なっています。

2分・5分・15分・20分・25分・30分・45分の7種類から選ぶことができ、ペイアウトが1.45倍〜1.55倍のペイアウト率が提示されます。

 

休日でも取引可能

一般的なバイナリーオプション業者は土日の取引はサービスしていないのですが、ファイブスターズマーケッツの仮想通貨バイナリーオプションは土日も取引可能になっています。
お休みにじっくり取引することも可能です。

 

 

ザオプション(theoption)

ザオプションはハイローと同じ取引システムを採用していると思われるバイナリーオプション業者です。
よって取引ルールはハイローとほぼ同じです。

 

ビットコインバイナリーオプションの取引が可能

 

ザオプションではビットコインのバイナリーオプションが取引可能です。取引ルールはハイローと同じで朝7:00スタートで予想した時点から比較して翌日の6時の価格が上か下かを予想します。
締め切りは5:45なので、5:45に買う場合は15分後の価格が上か下かを予想することになります。ペイアウト率は82%前後の提示となっており、高水準のペイアウト率になっています。

 

Windows取引アプリを提供

 

ザオプションはAndroid版アプリの他にWindows版のPC取引アプリを提供しています。
Web版のツールとは比較にならないくらい、テクニカル分析機能や複数チャート機能などチャート機能が充実しており、快適な取引環境で取引することが可能です。

 

 

bitodds(ビットオッズ)

 
BITODDS(ビットオッズ)は2019に開始された仮想通貨に特化したバイナリーオプションの取引所になります。他の取引所にないユニークな取引ルールでゲーム要素が強く、ペイアウトが高いため注目が集まっている取引所になります。

 

オッズ制で利益額は最大10倍


ペイアウト倍率がリアルタイムで変わるのがBITODDS(ビットオッズ)の最大の特徴です。
他のバイナリーオプション業者はオーダーをいれたタイミングから上か下かを予想しますが、ビットオッズの場合、受付締め切りのタイミングの価格が基準価格となり、そこから上か下かを予想する形式の取引となります。
 

 
受付開始から受付締め切りまで、リアルタイムでオッズが変動し、人気がない方のペイアウト倍率が高くなり、最大10倍のペイアウトまで可能性があるのが特徴です。
低くても1.85倍程度のペイアウトが提示されているケースが多いので、全般的にペイアウト率が高いと言えます。
 

土日も取引可能

仮想通貨専業のバイナリーオプションなので市場が閉まることがりません。そのため、24時間365日、いつでもお好きな時間に取引が可能なのが嬉しいですね。
 

大きく動いたときが狙い目?


一般的にバイナリーオプションでは相場が大きく動いてから一旦落ち着いたあたりで受付締め切りになるケースは、その後一旦反動が起きる可能性が結構あります。
このようなときは逆張り(上の図の場合↓方向)でチャレンジするのが面白いかもしれません。ペイアウト率も高めになっているケースが多いようです。

 




キーワード