ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 注目の仮想通貨/アルトコイン > Bit-Zの取引所トークン「BZ」の特徴と将来性

Bit-Zの取引所トークン「BZ」の特徴と将来性


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

現物ビットコイン取引量日本1位。世界最大級の取引所。

Zaif(ザイフ)

手数料の安さで有名の業者。積立サービスも大好評。

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

BinanceのBNBトークンなどに代表されるいわゆる「取引所トークン」は2018年に入ってからのビットコインの下落の影響が少なく堅調に推移していることもあり、改めて注目を集めています。
特にBinanceのBNBトークンは取引所の成長に伴って、公開時から150倍以上の価格に高騰したことで大きく話題になりました。
そんな中で、トップ10の中にも入る最近元気のある取引所Bit-Zが独自の取引所トークン「BZ」を開始しました。
Bit-Zは「第2のバイナンス」とも言われる取引所で今後の成長が期待できるだけに独自トークン「BZ」も注目が集まります。

 

Bit-Zが発行する独自通貨:BZトークンとは

BZトークンは、2018年6月より「取引マイニング」のフェーズが始まました。
これは、「取引マイニング」とは、取引時に発生する取引手数料を元としたトークン還元の仕組みになっており、早期に取引すればするほど大きな還元率でBZトークンが付与されます。
 

1)Bit-Zは、2018年6月25日に「Trading Mining」を開き、6億BZの制限を設けます。

2)各期間は1,000万BZに制限され、徐々に解除され、各期間の完了後に取引手数料の返却率は3%減少する。

例えば:1,000万BZ鉱業の第1段階では、100%取引手数料は同等のBZの形で払い戻されます。

1000万BZマイニングの第2段階では、97%の取引手数料は同等のBZの形で払い戻されます。そして、徐々に減少していきます。

3)Bit-Zは、マイニングと同時に、ネットワーク全体の採掘権に応じてBZ取引を開始します。

4)BZ取引を開始する前に、Bit-Zは(2)の式に従って取引手数料を返却する。 BZ取引を開始した後のBZリアルタイム見積価格に応じて取引手数料を100%返却します。

 
「取引マイニング」のフェーズが終了後、取引所の手数料売上の一部を配当として四半期ごとにBZの保有量に応じて分配されるようになります。

 
また、BZトークンは2018年6月25日から「1BZ = 0.158 USDT」、「1BZ = 1 DKKT」取引開始されます。
 

BZトークンの将来性

BinanceやHuobiなどの取引所トークンはビットコインの下落時でも独自施策等により下落を抑え堅実な成長を見せており、バイナンスと同じような方向性をもったBit-Zの独自トークンであつBZも注目を集めることになると思います。
 
取引所トークンの価格情報の大きな要因はその取引所自体の成長であり、取引所の将来性=取引所トークンの将来性といえます。
その中でBit-Zは他のwowbitなど取引所で扱いのない通貨を積極的に扱うなど、独自のカラーを濃く出してきており、近い将来もっと成長する要素はあると思われます。そういう意味でBZトークンの将来性にかけてもるのも面白いと思います。

 

BZトークンの口コミ


 


 

Bit-Z(ビットジー)

Bit-Zはポストバイナンスという呼び声もある取引所です。特徴は世界で最初に上場する銘柄が多いので、有望なコインを最初に仕込んでおくことが可能です。手数料は取引手数料はメイカー、テイカーともに一律0.1%です。




キーワード