ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 注目の仮想通貨/アルトコイン > ContractNET(CNET) -コントラクトネットー- の特徴と将来性

ContractNET(CNET) -コントラクトネットー- の特徴と将来性


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

現物ビットコイン取引量日本1位。世界最大級の取引所。

Zaif(ザイフ)

手数料の安さで有名の業者。積立サービスも大好評。

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

CNET(ContractNET/コントラクトネット)の特徴

IOTにスマートコントラクトを実装

仮想通貨CNET(ContractNET/コントラクトネット)(コントラクトネット)は香港発の仮想通貨で2018年にICOされた仮想通貨です。仮想通貨を「CNET」と表記します。
 

 

ブロックチェーン×スマートコントラクト×IoT


 
仮想通貨CNET(ContractNET)は独自のブロックチェーン技術とイーサリアムで特徴的なスマートコントラクトを装備している、IOT関連の仮想通貨です。IoTとは「モノとインターネットつなげる」技術のことで、すべてのものがインターネットに繋がることで操作や状態の確認をネット経由でできるようになる技術のことを言います。
IoTは今後、爆発的に普及していく事が予想されており、そこにブロックチェーンとスマートコントラクトを活用することによりさらなる変革をもたらすと期待され、CNETへの期待が高まっています。
このようなIOT関連の仮想通貨はIOTAなどが有名です。
 

CNET(ContractNET/コントラクトネット)の将来性

シンガポール富士通と提携


 
仮想通貨CNETは(コントラクトネット)はシンガポール富士通と提携しています。このことでICO時も大きな注目を浴びた通貨となりました。
もともとシンガポール富士通はイーサリアムへの導入を考えていたようなのですが、方針を転換して独自のブロックチェーンを開発するに至っています。理由としてはイーサリアムブロックチェーンへの弱点を見つけたとのことで、それを克服するために独自ブロックチェーンを開発することを選択したと言われています。ちなみに富士通はIOT分野へ積極的に関与しており、富士通ユーロはIOTAと提携をしています。

 

IOTは今後の伸びる分野

IOTの分野の市場規模は年々増加しています。2018年度は、去年と比べて14.6%増の7,725億ドルに達すると言われており、2020年度には1兆ドルを超えると予想されています。IOT市場が大きくなるとIOT分野での利用も想定されるイーサリアムやIOT関連通貨としてのIOTAが大きく上昇していく可能性が高いといわれており、同じ分野のCNETは(コントラクトネット)も同じように伸びが予想されています。

 

発行枚数が少ない!

CNETへの人気の理由は富士通シンガポールの関係に加え、発行枚数が非常に少ないことが挙げられます。もともとの発行枚数が2300万枚ですが、売れ残ってしまったため1006万枚がバーン(焼却)され1294万枚になっており、市場に出回ってるのはそのうちの500万枚とも言われれいます。通貨の枚数が少ないため、上がる時は大きく上がる可能性があります。そのため、同じIOT関連の通貨であるIOTAと比べても発行枚数が少なく投資妙味があると言われています。

 

CNETは(コントラクトネット)の評判

 
仮想通貨界でも有名な情報アカさんが推しているのでICOに参加した、とい人も多いようです。
 

 

 

 

CNETは(コントラクトネット)が買える取引所

BTC-Alpha

BTC-Alpha

2016に設立されたイギリスにある仮想通貨取引所でバイナンスより歴史がある取引所。HitBTCが日本人の利用を一時停止することを発表したことで需要が伸びてきています。どこにもない通貨がいち早く上場する可能性があります。




キーワード