暗号資産取引ナビ -CoinNavi-
暗号資産取引ナビ -CoinNavi- > 仮想通貨取引活用編 > クレジットカードで仮想通貨・暗号資産を購入する方法【2019年版】

クレジットカードで仮想通貨・暗号資産を購入する方法【2019年版】


仮想通貨をクレジットカードで買うメリットとデメリット

仮想通貨取引所の中にはクレジットカードでの取引に対応している取引所があります。
クレジットカードで仮想通貨を買うにはメリットデメリットがあるのでよく理解してから購入するようにしましょう

仮想通貨をクレジットカードで買うメリット


 

いつでもどこでも欲しい時にすぐ買える

仮想通貨をクレジットカードで買うメリットはなにより、24時間365日、欲しいタイミングですぐ買えるというメリットがあります。
仮想通貨は時に、一瞬だけ急落するような場面が発生します。そのチャンスでピンポイントで買おうとおもうのであれば、常に現金を入金しておくか、クレジットカードが選択肢になります。クレジットカードを利用すれば文字通りすぐに買うことができ、チャンスを無駄にしません。
 

現金決済に猶予がある

クレジットカード払いの場合、当然ですが引き落としまでに時間があります。例えば、給料日前で手持ち現金が少ないと言う場合でもクレジットカードを利用して給料日前に仮想通貨を買うことが可能になります。場合によって、引き落とし日までに売ってしまうことも可能です。
 

ポイントがつく

クレジットカードなのでクレジットカードで決済すれば、その分ポイントがつきます。マイルを貯めて海外に行くことも結構現実的になります。
 

仮想通貨をクレジットカードで買うデメリット


 

ベットクレジットカードの手数料が必要

仮想通貨を購入する手数料に加えてクレジットカードの手数料が必要になります。

 

国内の取引所はクレジットカードの取扱が終了

従来はbitflyerとzaifの2社がクレジットカードでの支払いを受け付けていたのですが、クレジットカード会社の要請と思われる措置により、2018年3月の時点で取扱が終了してしまいました。
クレジットカード利用派の人には悲報なのですが、実はまだクレジットカードで購入できる方法がないわけではありません。
どうしても、クレジットカードでの購入をしたい場合の方法を紹介します。
※ただし、そもそもカード会社でブロックされており決済の時点で弾かれるカード会社も少なくありませんのでご注意ください。

なお、もし可能であるならば、クレジットカード以外にもクイック入金による入金が可能です。スピードを重視するだけなら手数料の面からもクイック入金がオススメです。
 

 

BXONEで仮想通貨をクレジットカードで買う


 
BXONEは海外の取引所ですが、日本円での入金・出金にも対応した珍しい取引所です。しかも、カード決済会社を介してクレジットカード決済も行なっている取引所です。
 

 
BXONEでクレジットカードで仮想通貨を買う場合「Buy with credit card」からドル建で仮想通貨を買うことができます。
ビットコインやイーサリアムをはじめとし、様々な通貨をクレジットカードで購入することができますが、今の所ビットコインとイーサリアムが送金可能通貨のようなので、このどちらかの通貨での購入がオススメです。
&nbsp
注意点として、クレジットカードの不正利用を防ぐため、クレジットカードで購入した仮想通貨を出金する場合は、購入から60日以上経過している必要あります。
ただし、BXONE内での両替は問題なくできますので、仮想通貨を長期保有したくない場合は、クレジットカードで購入した仮想通貨を一旦法定通貨に両替しておくことは可能です。
 
BXONEの他に良い点はプリペイドカードの発行は手数料無料で可能です。通常の海外の取引所の場合、仮想通貨を一旦日本の取引所に送金して、日本の取引所でFIAT(法定通貨:円)に出金しますが、BXONEの場合、直接BXONEからの国内銀行への送金に加え、プリペイドカードにチャージして、そのプリペイドカードから買い物したり、セブンイレブンなどのATMから直接日本円での出金が可能になります。
 

 
2018年12月22日時点ですが、実際に$100分のXRPを購入してみましたが、購入することができました。
 

BXONE(ビーエックスワン)

BXONEは日本円の入金・出金にも対応した珍しい海外の仮想通貨取引所です。クレジットカードでの購入にも対応し、無料でプリペイドカードの発行も行い、カード経由での出金も可能になる今までにない使い勝手の良い取引所です。今後取引所機能のバージョンアップも予定しており、より便利になる予定です。

Binance(バイナンス)のクレジットカード決済で買う


 
Binance(バイナンス)もクレジットカード決済を開始しました。
BTCとETHもしくはLTCをUSD建てでクレジットカード決済にて購入することが可能にはなっています。
 

 
購入手順としては、上記画面のようにクレジットカード購入のバナーが表示されているので、そこをクリックし、購入通貨の入力を行い、個人情報の入力を行なった後、クレジットカード情報を入力し、さらに初回の購入の場合パスポートなどの身分証明書をアップすることで購入することが可能になります。
 
1点残念なことに、BinanceとChnangellyは同じ「Simplex」という決済業者を経由してクレジットカードでの仮想通貨購入を可能にしていますが、決済が拒否されるクレジットカードが多いのが現状です。
少なくともこの記事を執筆するために三井住友VISAカードで購入を試したのですが、カード会社側で決済拒否されてしまいました。この場合同じくSimplexを利用しているChangellyも決済拒否になる可能性が高いです。
対応策としては異なる会社のクレジットカード を使い決済できるか試してみるか、BXONEなどの現状でも買える取引所で買うかの2択になると思います。
 

BINANCE(バイナンス)

世界最大の仮想通貨取引所で、国内取引所にはない将来性のある通貨が厳選して取扱われているのが特徴です。手数料が安く、日本人利用者も多く情報が多いのが人気の理由。バイナンス独自の取引所トークンBNBも投資対象として魅力ある海外取引所をしては必ず開設しておきたい取引所です。

Changelly経由でクレジットカードでビットコインを買う

Changelly(チェンジリー)は複数の仮想通貨取引所のレートの中からその時一番有利なレートを提示している仮想通貨取引所を利用して通貨の両替を行うサービスです。ここでは、クレジットカードを利用してビットコインとビットコインキャッシュを購入することができます。使える FIAT はUSDもしくはEURの2種類になっています。
クレジットカードで購入したい場合は「Buy Bitcon with Creditcard」をクリックします。

何ドル分の仮想通貨を購入するかを指定します。使える法定通貨(FIAT)はUSD(米ドル)またはEUR(ユーロ)の2種類です。
次にどの口座に買った仮想通貨を送金するかの送金先を指定します。Changelly(チェンジリー)はあくまで両替をメインとしたサービスであり、ウォレット機能を持っていません。なので、購入した通貨はbitflyerやZaifなど、よく使う取引所のウォレットの入金アドレスを指定します。

そのあと、カード情報を入力すると購入は完了です。約10分〜30分で入金が確認できるようになります。

Changelly(チェンジリー)のクレジットカード手数料

Changelly(チェンジリー)での仮想通貨購入の場合、Changellyの購入手数料として購入価格の5%とクレジットカード処理手数料として購入価格の5%($最小10)がかかります。

Changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替専門サービス。一旦日本円やbitcoinにすることなくアルトコイン同士を有利なレートで両替することができます。また、クレジットカードで仮想通貨を購入することも可能です。サイトは日本語対応されているので安心です。

PAXFUL(パックスフル)でビットコインを買う


 
paxful(パックスフル)とは2014年から運営されているニューヨーク発のピア・トゥ・ピアのビットコイン取引所です。
Paxfulでは、クレジットカードはもちろん、AmazonギフトカードやiTunesギフトカード、計150種類以上の決済手段でビットコインを購入できます。(いくつかの決済手段は米国在住者限定です。)
 
paxful(パックスフル)では、仮想通貨を売る人と買う人をマッチングさせ、個人間取引を行うためのプラットフォームです。決済通貨と決済方法を選んでオファーを探すと、いくつかの条件を提示している売主が表示されますので、納得できる条件の売主を選んで取引を行います。
「認証不要」や「オンライン決済」の表示がある売主は簡単に取引が可能になり、「写真つき身分証明書必須」になっているものは、ある程度英語でのやり取りが発生します。
「+」「ー」の数で取引者の評価も見れますので、安心感のある人かどうかもわかるので安心できます。
 
paxful(パックスフル)の凄いところはクレジットカードだけでなく、AmazonやiTuneギフトカードからもビットコインを買うことができることです。
もし、いらないギフトカードを持っている場合、paxful(パックスフル)でビットコインに両替することが可能です。オファーにより、販売価格が大きく異なりますのでPaxfulでビットコインを買う場合、条件をよく確認しての取引をオススメします。

 

 

PAXFUL(パックスフル)

2014年より運営されていピアツーピア(人対人)のビットコイン売買マーケットがPAXFUL(パックスフル)。クレジットカードはもちろん、AmazonギフトカードやiTunesギフトカードでの購入が可能で、販売者によって販売価格も異なるので、自分で納得した条件の販売者からビットコインを買うことができる販売所です。




キーワード