暗号資産取引ナビ -CoinNavi-
暗号資産取引ナビ -CoinNavi- > 注目のアルトコイン > エンジンコイン(ENJ)の特徴と将来性

エンジンコイン(ENJ)の特徴と将来性


icon-refresh2021/01/21
注目の暗号資産(仮想通貨)取引業社
 

ENJ(エンジンコイン)の特徴

日本での使用が許可された初のゲーム向け暗号資産

ENJ(エンジンコイン)は、世界最大のオンラインゲームプラットフォーム「Enjin(エンジン)」に使用されている仮想通貨で、すでにゲーム内で利用も始まっていることもあり、世界的には比較的注目度の高い通貨になります。

 

 

ENJ(エンジンコイン)の価格推移

 


 
ENJの価格は発表前まで25円前後で推移していたものの、コインチェックの発表を受けて大幅に上昇しており、過去24時間の価格上昇率は80%以上を記録。『Enjin Coinの取引が日本で承認された』という今回のニュースには世界的に注目が集まっています。

 

ゲームでのブロックチェーン活用が目的

これまでのオンラインゲームでは、例えばRPGゲームで自分の育てたキャラクターを友人に送る場合、キャラクターに付随するアイテムなども送らなければいけないための考慮や、詐欺や、サービス自体の終了などの様々な問題がありました。これら問題に対して、ブロックチェーン技術を活用することにより、運営や取引の透明化に繋がり安心してゲームを利用することができるようすること目的としています。
 

ENJ(エンジンコイン)の将来性

 

すでに実利用が始まっている


2020年時点で、世界最大のオンラインゲームプラットフォーム「Enjin」プラットフォームを利用しているユーザーは全世界に2,000万人以上存在し、500万ENJ分のアイテムが取引されています。

 

Microsoftやサムソンと提携


ENJ(エンジンコイン)はMicrosoftやサムソンといった、世界的に有名な企業と提携し開発を行っています。
 
2019年2月下旬、スペインで行われたモバイル関連のカンファレンスで発表されたサムスンの新型のスマホ「Galaxy S10」に内臓されている仮想通貨ウォレットの対応リストに、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)といったメジャーな通貨と並び、エンジンコインがラインナップされていることが発表され、同通貨の値段は前月比で最大約800%を記録しました。
 
また、Microsoftは、自社サービスにてユーザーが好ましい行動を行ったときのコミュニティメンバーに報酬として仮想通貨を支払うことを計画しており、エンジンコインの同社のNFT(Non-fungible-token)を採用することでの提携が発表されています。
 
今後もENJ(エンジンコイン)が世界的な企業との提携を発表すれば、価値が大きく上昇する可能性があります。
 

マインクラフトでの利用が進む


コインチェック株式会社が、ENJ(エンジンコイン)を開発するEnjin(エンジン) Pte Ltd.と連携を開始したことを2020年9月9日発表しました。
この連携は、大人気ゲーム「マインクラフト(Minecraft)」で利用可能なNFTをEnjinの提供するブロックチェーン資産発行ツール「Enjin Platform」を通じて発行し、そのNFT(Non-fungible-token)をコインチェックがサービス提供開始を予定しているNFTマーケットプレイスにおいて取扱うことを目指すことになっています。
この報道を受けてENJ(エンジンコイン)がコインチェックに上場されるという噂は以前からもあったのですが、2021年にとうとう上場することになりました。
 
すでにMinecraft(マインクラフト/マイクラ)」用のプラグインである「EnjinCraft(エンジンクラフト)は2020年5月27日にリリース済みであり、準備は着々と進んでいます
 


 

ゲームでお金が稼げる可能性

先にも記載しましたが、すでに大人気ゲームであるMinecraft(マインクラフト/マイクラ)でEnjinブロックチェーンが利用できるようになりつつあり、そこで発行されるトークンを利用できるマーケットプレイスをコインチェックが構築しつつあります。
これは、ゲーム内アイテムの売買などで実際にお金が稼げる可能性が出てくることを意味しており、これらの動きが大きくなりEnjinブロックチェーンの利用が広まれば比例してENJ(エンジンコイン)の価値が上昇することが期待できます。
 

ENJ(エンジンコイン)がの課題


 
ENJ(エンジンコイン)はゲームの世界に特化したブロックチェーンプロジェクトなのが大きな特徴で親和性が高いため普及する可能性を秘めた部分になりますが、その裏返しでゲーム以外の世界では強くないため、ゲームの世界でどれたけ早いタイミングで普及できるかが鍵になります。
 

有名ゲームと連携できるか

すでにENJ(エンジンコイン)はマインクラフトという超ビッグタイトルのゲームと連携をしていますが、今後普及できるガキとしてはその他のビッグタイトルと連携できるかが鍵になります。
ゲーム内通貨とマーケットプレイスの連携が進み、ただのゲーム通貨ではなくなってくると、他のビッグタイトルとの連携もあるかもしれず、そうなると普及に加速がつくとも考えられます。
 

おすすめENJ(エンジンコイン)取引所

ENJ(エンジンコイン)は日本国内の取引所では2021年1月26日にコインチェックに日本初上場の予定です。
当面はENJ(エンジンコイン)が買える国内取引所はコインチェック1社になると思われます。

ENJ(エンジンコイン)も積立投資もできるの予定なので毎月1万円分などとコツコツ育てることも可能です。

 

コインチェック
コインチェック

国内で一番多い種類のアルトコインの取り扱いをしている取引所。使いやすいスマホアプリのサービスはそのままで、積極的に取り扱い通貨を増やしているのが魅力の取引所。今後の展開も期待が持てます。




キーワード