ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 注目のICO > JOBCOIN(ジョブコイン)-給与先払いによる決済基軸通貨を目指す-

JOBCOIN(ジョブコイン)-給与先払いによる決済基軸通貨を目指す-


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

現物ビットコイン取引量日本1位。世界最大級の取引所。

Zaif(ザイフ)

手数料の安さで有名の業者。積立サービスも大好評。

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

JOBCOIN(ジョブコイン)とは

 
JobCoinは、日本の給与を前払いするシステムが基盤と開発される予定の決済通貨です。
従業員は給与相当額の事前支払いをJOBCOINで受け取り、それで買い物をしたり送金することができます。

 

JOBCOIN(ジョブコイン)の利用シーン

 
JOBCOIN(ジョブコイン)は次の3つの要素の機能とともに広く発展することが期待されています。
 

①企業から従業員へのJobCoinの発行

 
JOBCOIN(ジョブコイン)を発行する企業にとっては、従業員を獲得し、維持し、労働のモチベーションを維持するためのツールとなります。
2017年3月現在、日本の世帯の30%に貯蓄がない(単身世帯は50%)状態で、非正規雇用者は2000万人で平均で平均貯蓄は1.69百万円に過ぎない状況です。そのため、高金利のローンで生活費を借りるなど余裕がないケースも多くあり、給与の先払いに対する需要は着実に増加すると言えます。
JobCoinはカード会社やデバイスにかかわらず、様々な支払い決済事業と提携し、スマートフォンの財布やプリペイドカードへの入金を給与相当額の前払いと一緒にすることで、簡単に支払いを行うことが期待されています。
 

②JOBCOIN(ジョブコイン)での支払い

 

Job-Coin Paymentは、より安価な取引手数料を提供することによって暗号通貨支払いの課題となっているリアルタイム決済システムを可能にします。 この技術はすでに世界中の4,000万の店舗でリアルタイム決済システムを実践しています。 これはVISAデビットカードの拡張機能で、既存のVISA支払いネットワークの使用を許可し、今後JobCoinとBitCoinで支払いを承認することもできます。
 

③仮想通貨取引所との提携

 
さまざまな仮想通貨取引所とのアレンジメントや、JOBCOIN(ジョブコイン)が取引できる取引所を開設する計画が利用者を広げるために進められています。簡単に決済サービスを利用できる環境を構築するために、仮想通貨取引所から参加店舗への支払いサービスの処理も提供されます。この計画はドバイで始まり、日本、韓国、米国、エストニアなどの取引所を構築するために拡大し、JobCoinの上場に関して、すでにいくつかの分野で協議が始まっています。
ICOの間に調達された資金は、様々な国での市場開拓やシステムの導入、市場開拓のための研究開発に使用される予定です。

 

市場の可能性

 
JOBCOIN(ジョブコイン)は、支払いの利便性と流通を通じて、電子決済市場における大きな可能性を模索しています。 中国市場では、元払い決済の80%が、北京や上海のようなファーストクラスの都市でAlipayなどの電子決済に変換されています。 スマートフォンなどを利用した電子決済決済は、2016年に約2兆6000億円となり、この数字は継続的に増加しています。 一方で銀行の決済サービスは減少しており、クレジットカードの使用も減少しています。 日本市場では、2015年時点でカード決済が46兆円、プリペイドカード決済が8兆円、デビットカード決済が約7000億円でした。

 

JOBCOIN(ジョブコイン)の使命

 
JOBCOIN(ジョブコイン)の主な使命は、中小所得労働者、勤勉な移民や海外労働者、難民、途上国の貧困層の労働条件の改善を通じて、特に世界の貧困と不平等を軽減することです。
すでに取り組んでいるフレームワークの1つは、JobCoinの開発に不可欠な給与相当額の前払いです。先進国でさえも自己破産するケースが増加しています。このような状況では、給与相当額の前払いは、その月のいつでも収益を提供することで、「正直で誠実な社会」に貢献します。これにより複数の債務のリスクが減少した社会が可能になります。
 

JOBCOIN(ジョブコイン)支払イメージ


 
JOBCOIN(ジョブコイン)は、従業員の要求、または作業時間に応じて自動的に適切な金額のジョブコインを転送することによって、従業員が受けることができる給与等を前払いすることができます。 このシステムを導入した企業は、JobCoinなどによって前払いで配給された購入金額には収益から返済されるため、両社にとってメリットがあるアプローチシステムです。
 
Job-Coin Paymentは、仮想通貨支払いの課題となっているリアルタイム支払いシステムを可能にします。 この技術はすでに世界中の4,000万の店舗でリアルタイム決済システムにて実践しています。
 

JOBCOIN(ジョブコイン)の将来性

JOBCOIN(ジョブコイン)は以下の要素により、大きく成長すると言われています。
 

強固な開発体制

JOBCOINは世界的にも著名な経営陣を揃えています。
日本オラクル元社長の小泉氏がメインボードメンバーであり、技術の中核にはセントラリティのコアメンバーのレオンが入ります。
更には30名以上の世界のブロックチェーン技術の中枢を担うメンバーが集い世界の暗号通貨決済市場を取るための展開を進めます。
 

既に出来上がっているプロダクト

 
基幹となる給与前払いシステムは既に多くの大企業で使われ、日本での特許も取得しています。
 

世界に広がる膨大な市場

JOBCOINは世界中の労働者が従事する企業、雇用主から受け取るインセンティブトークンにもなります。
新興国、後進国では大きな資金需要に対して資金を貸出すシステムはまだまだ弱く、非常に高い金利で労働者はお金を借りています。
世界中で銀行に口座を持つ人はまだせいぜい10億人程度であり世界の大多数の人々は銀行に口座を持てていません。
世界中の5億人を超える出稼ぎ労働者は実質的に10~15%という非常に高い送金コストで自国の家族に送金をしています。
JOBCOINはスマートフォンを通じた決済インフラとしてJOBCOIN&デビットカードの普及を目指します。
JOBCOIN&デビットカードの仕組みを使うことで、ほぼ送金コストはゼロに近くなり、更には瞬時に決済ができるため、この数十億人の市場をほぼ独占していくことも可能な決済インフラとなりえるのです。
 

その他の魅力

今回の資金調達で得た資金でTVCMを行い、徹底的な認知度アップ、世界中の大手取引所への早期上場、それぞれの取引所間で行われるジョブコインのマーケットメイク、暗号通貨の中で唯一の即時決済の仕組みなど、様々な魅力があるのが特徴です。
 

JOBCOIN(ジョブコイン)ロードマップ

 

JOBCOIN(ジョブコイン)の買い方

JOBCOIN(ジョブコイン)は現時点ではICOは行われず、日本では購入できない仮想通貨を多数取り扱う取引所である、セキュアボルトで取り扱いがスタートされる予定です。

これから開設される海外の取引所になり、以前から注目を集めている「BitPlus(ビットプラス)」と同様に日本語対応されており、かつ日本では購入できない仮想通貨を多数取り扱う仮想通貨取引所になるようです。
 
BIT PLUS(ビットプラス)のアフィリエイトシステムと同じアフィリエイトシステム(マンモスアフィリエイト)に登録をおこなうと、セキュアボルトが開設したタイミングで連絡がくるのですぐに本口座の開設が可能です。

 




キーワード