ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 注目のICO > LODE -金現物取引を安心・安全・身近にする ICO-

LODE -金現物取引を安心・安全・身近にする ICO-


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

QUOINEXがLiquidにパワーアップ!圧倒的な流動性を備えたプラットフォーム。

GMOコイン

スマホのチャート機能が圧倒的に高性能!取引所形式も開始してますます便利に!

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

LODE(ロード)とは

金取引は「最後は金」といわれるくらい、通貨よりも信頼できる資産としての投資されるなど、今でも重要な投資先の一つとなっています。
ただ、そこでは様々な形でコストが計上された仕組みが構築され、そのコストを補う意味も含まれた手数料や価格差が設定されることにより人々にとって「金現物取引」は気軽に出来るものではなくなってしまったと言える状況にあります。

 
LODEは「金現物取引」の仕組みをスマート化し、「金」は本来「人々にとって身近で気軽に取引できるものだ」という理念のもとに始まったプロジェクトなのです。

 

LODE NETWORKとは


 
LODE NETWORKは製錬所(保管庫)、販売所、ユーザーを直接結び合わせるための監査機能を備えたネットワークであり、それぞれの特性に合わせたブロックチェーン技術をもとに構築されます。その中心にLODE COREが存在し、3つのブロックチェーンと外部データベースを相互連携させることを実現します。これにより、金現物取引をスマートに、安心に、安全に行えるためのネットワークを構築するのです。

 

LODEの革新的なところ

金取引にブロックチェエーンというと最初はピンとこないかもしれませんが、金取引にはいろんなところに問題が存在しています。それらを解決することを目指しています。
 

消費者が抱える悩み

金現物購入者の殆どは安全資産のひとつとして長期保有目的で購入している。それにも関わらず、資産の形を現金から金現物に変える際に高額な手数料を払い、資産を減少させてしまうことは、消費者からみると非常に大きな問題と言えます。
手数料と一口に言っても、取引手数料、保管手数料という2つの手数料が主に必要となるのですが、取引手数料に関してはLODEであれば金が生成された時点で直接購入が可能になるので無駄な手数料が大幅に省くことが可能となります。

 
売却に関してもLODE NETWORKに直結している査定機を利用することにより、買取店で売却価格の交渉をする必要性がなくなるので、これまでのように買取店へ市場価格より大幅に安く売ることが無くなります。

 

業者が抱える悩み


 
金が取引され保管庫に格納されるまでには、これだけの輸送が必要でした。ただ金の輸送には、事故・盗難・強盗などのリスクが非常に高く、他業種に比べ輸送コストが格段に高くなるという問題がありました。
LODEの導入によって、製錬所の段階で一般消費者と金製造業者との取引が可能になるので、例えば、製錬所と保管庫を同じ場所にすることで金製造業者にとっては大幅なコスト削減が可能となるのです。

 
また、各機関(製錬所、保管庫、販売所、認定機関、金購入者)はお互いにLODE COREを介して監査し合うことにより、不正が許されない堅牢性の高いネットワークが構築されます。それは金の出所から現在の保管場所に至るまでのあらゆる情報が連携されるため、世界中の金の信頼性が担保される事になり、業界の信頼性も格段に上がるのです。
 

LODEの注目点

安全資産としての金の優位性

金は安全資産として保有される資産であり、紀元前6,000年ごろから金に価値価値があり、今現在でも安定した価値を保ち続ける唯一無二の存在です。将来に渡り、金取引が行われなくなることはまず無いといってよいでしょう。
また、類似プロジェクトも現状無いため、プロジェクトとしては面白いと言えます。

 

LODEトークンはLUDE NETWORKで利用可能な予定

LODEトークンはLUDE NETWORKで利用可能な予定となっています。
これにより、ICOで得たトークンでLODEネットワークが完成した後は金の売買が可能になることを意味します。
安定資産の金投資にも興味がるのであれば、トークンセールの初期では相当なボーナスもつきますので魅力的な話といえます。
 

LODEのロードマップ

ホワートペーパーに詳細なロードマップが記載されていますが、ポイントを紹介します。

2018年2月〜8月

– 事前販売開始
– データベース構築開始
– 評価ツール開発開始
– メイン部分開発開始
 

2018年10月〜2019年2月

– 取引所に上場
– アルファ版テスト
 

2019年8月〜2020年1月

– 最終テスト
– サービスローンチ
 

LODEのトークンセールついて


 

LODEのトークンセールは1 LDG = $1 で販売され、三段階に分けて実施されます。
なお、LODEトークンは将来的に売買差益を狙っても良いですし、LODEネットワークを介して金取引に使用することも可能な予定です。
 

プロテクションセール

大口購入者を保護するために50,000LDG以上の購入者からトークンセールが開始され、80%のボーナスが付与されます。
開催期間は2018年02月15日 10:00 ~ 02月28日 23:59までになります。
 

パブリックセール

パブリックセールはプロテクションセール後に2度行われます。
Stage1では40%のボーナスが付与され最小購入可能額は1,000LDGから、Stage2では20%のボーナスが付与され、最小購入可能額は10LDGからとなっています。

 
開催期間は、パブリックセール1は2018年03月15日 10:00 ~ 03月28日 23:59まで、パブリックセール2は2018年05月15日 10:00 ~ 06月14日 23:59までとなっています。

 




キーワード