ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ

OmiseGO(OMG)-オミセゴー- の特徴と将来性


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

QUOINEXがLiquidにパワーアップ!圧倒的な流動性を備えたプラットフォーム。

GMOコイン

スマホのチャート機能が圧倒的に高性能!取引所形式も開始してますます便利に!

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

OmiseGO(OMG)の特徴

東南アジアでブロックチェーンを使った、オンライン決済プラットフォーム

 

東南アジアの主流決済インフラを目指す仮想通貨

OmiseGO(オミセゴー)とは、2013年にタイで設立された「Omise」という企業によって開発されている、ブロックチェーンを利用した東南アジア中心の決済プラットフォームです。
ちなみに、この「Omise」という企業は日本人起業家である長谷川潤氏が立ち上げたタイを拠点としたスタートアップ企業で、2017年9月21日にタイで開催された"Digital Thailand Big Bang2017"でプラユット・チャンオチャ首相から「Digital startup of the year」に表彰されているほどの企業です。
このネットワーク上で使われる通貨が「OmiseGO(トークン)(OMG)」と呼ばれ、将来性が注目されています。

 

 

OmiseGO(オミセゴー)の価格推移

 
OmiseGO(オミセゴー)は2017年7月6日に登場した仮想通貨ですが、公開からわずか半年で価値が65倍近く上昇したこともある通貨です。他の通貨同様2018年に入り冬に時代に入りましたが、2018年4月現在は回復基調にあります。

 

Ethereum(イーサリアム) と連携した独自ブロックチェーンを採用

OmiseGO(オミセゴー)は手数料や承認時間の問題を解決するために独自のOMGブロックチェーンを採用しています。OMGブロックチェーンでは複数の金融機関にまたがったネットワークを作ることができ、独自ネットワークの信頼性を生かしてスマートフォンによる、決済取引を可能にしています。
さらに、OMGブロックチェーンはEthereumのブロックチェーンと連携していることも特徴です。イーサリアムベースのブロックチェーンは複数のトークンの取引に応用することができ、今までは面倒だった異なる決済ネットワークを介した取引を、迅速に行うことが可能になるのです。

 

金融機関を利用しなくても決済できる

日本では当たり前のように銀行口座を持ち、クレジットカードなどのキャッシュレス決算サービスも利用していますが、東南アジアには金融機関を利用できない人が数多くいるのが現状です。
このような人達は、銀行口座やクレジットカードは持っていないものの、パソコンの保有率は大変高く、インターネットの普及率も高い傾向にあり、スマホから仮想通貨で決済するニーズが非常に高い状況にあります。

 

OmiseGO(オミセゴー)の将来性

OmiseGO(オミセゴー)は実はスゴい将来性を持っている通貨です。以下の情報を見るとそれがおわかりいただけるかと思います。
 

SBIを始め著名企業と提携


OmiseGO(オミセゴー)は日本人起業家である長谷川潤氏が立ち上げたスタートアップ企業であることが関係しているのかわかりませんが、SBIinvestment、SMBCなど日本の中でも超有名企業からから投資を受けています。 特にSBIはリップルをはじめ日本の中でも仮想通貨を知り尽くしたリーダ企業であり、そのSBIから出資を受けているのは有望であることを意味しているのだと思います。

 

チームがスゴイ!


 
テクニカルアドバイザーには、イーサリアム創設者Vitalik Buterinやイーサリアムの共同創設者のGavin Woodなどが名を連ねています。さたに、Bitcoin.com CEOのロジャー・バー氏もアドバイザーとして参加しています。そういう意味でビットコインとイーサリアムの重要人物がこのオミセゴーのアドバイザーについていることになります。
 

Omiseはすでに実用化フェーズ


 
Omiseの決済サービスはすでに実用化フェーズに進んでおり、日本にも拠点が存在しています。
 

 
Omiseの決済はタイの大企業で採用しており現地では知名度の高い企業となっています。さらに、OmiseGO(オミセゴー)はタイのマクドナルドで使用可能になり、さらにタイの金融庁でも採用されると発表されるなど、実用化フェーズになりつつある状況なのです。
 

OmiseGOが仮想通貨の取引所を立ち上げ!


 
OmiseGO(オミセゴー)がOMGネットワークを基礎にした自前の取引所を運営する子会社創設を2018年中に行うと発表しました。フィアット対応も視野に入っているそうです。さらにこの取引所ネットワークは、最終的にプラズマ上のDEXに接続/移行される模様です。
 

OmiseGO(オミセゴー)が買える取引所

BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)

世界最大の仮想通貨取引所で、国内取引所にはない将来性のある通貨が厳選して取扱われているのが特徴です。手数料が安く、日本人利用者も多く情報が多いのが人気の理由。もちろんオミセゴーをはじめとした有望な仮想通貨を数多く取り扱っています。




キーワード