暗号資産取引ナビ -CoinNavi-
暗号資産取引ナビ -CoinNavi- > ウォレット > プラストークン(PLUS TOKEN)の運用実績と使い方

プラストークン(PLUS TOKEN)の運用実績と使い方


PLUS TOKEN(プラストークン)とは

PLUS TOKEN(プラストークン)は、自動アービトラージにより、ウォレットに預けている資産を増やしてくれるウォレット(いわゆるアビトラウォレット)の元祖です。
簡単に言えば、PLUS TOKEN(プラストークン)のアプリをダウンロードして、仮想通貨をそこに置いておくと毎日ちょっとずつ利子がつく、という仕組みです。
この利子が独自のトークンでありPLUS TOKEN(プラストークン)で支払われます。
利子であるプラストークンはETHの仮想通貨に両替して元本のETHに算入することで複利で運用することが可能になります。
 

利子の元本は裁定取引の利益によって支払われる

PLUS TOKEN(プラストークン)は日利0.3%の利子がつくことになっています。例えば100万円分の仮想通貨を置いておけば、一日3,000円分の利子がつく計算になります。
なぜそんな利息が払えるかというと、「裁定取引」(アービトラージ)を預けたお金で行うことにより、その裁定取引の利益を配分する仕組みになっています。
「裁定取引」とは複数の取引所の価格差を利用したトレード方法であり、同じ仮想通貨でも世界中の取引所の価格にはばらつきがあるため、安い取引所で買った通貨を同じタイミングで高い取引所で売ることにより利益を得るトレード手法になります。
当然売りと買いが同時に行えれば理論上では利ざやは少ないものの勝率100%になる取引手法であり、リスクが低く、仮想通貨は取引所の価格差が大きいため裁定取引に向いていると言われています。
裁定取引で儲けるためには、そのタイミングで価格差の大きい取引所と通貨の組み合わせを見つけることであり、機関投資家などはシステムを駆使してこの組み合わせを見つけ、自動で取引を行なっています。
プラストークンも全くこの仕組みと同じ仕組みで利ざやを稼ぐことを目的としています。
 

複利で運用することも、プラストークンのキャピタルゲインを狙うことも可能

プラストークンはイーサリアムで運用するのが一番オススメの運用方法になります。
預けた額の0.3%相当が利子としてプラストークンが支払われます。このプラストークンを毎日イーサリアムに両替して、元本のイーサリアムを複利で増やすという方法と、プラストークンをためてプラストークンの値上がりで儲けるという2つの儲け方が狙えます。
 

PLUS TOKEN(プラストークン)の運用実績公開

怪しいけど気になる・・・、このページをみている人はそんな思いの人が多いのではないでしょうか?
実際約10ETH(9.98ETH)を軍資金に運用を10日間実施した結果が以下の通りです。直近1週間は以下のようにコツコツ毎日PlusTokenが付与されています。
 

 
10日間で10.295ETHまでETHが増えました。10日で0.789のPlusTokenが付与されていますので、1Plus=50USD程度(2019/03/18現在)なので、4300円(1日400円弱)程度の収益が発生しています。
 

 

複利運用なので長期になればなるほど大きくなる

プラストークンをはじめとしたアビトラウォレットの最大の特徴は毎日の利子を元本に編入させて複利で運用することができることです。
ExcelのB1セルに元本、B2に利率(日利)、B3に運用期間(日数)を入れることで以下の数式で計算することが可能です
------------------
=B1*(1+B2/100)^B3
------------------
例えば、10ETH(15万円)として、今後ETHの価格、Plusの価格が一定だった、毎日利子を元本に参入させた、と仮定した試算になりますが、複利で運用すると以下ように膨れ上がっていきます。
 
30日で¥164,402、
180日で¥260,014
365日(1年)で¥457,657
730日(2年)で¥1,274,007
1095日(3年)で¥4,260,289
1460日(4年)で¥12,998,356
1825日(5年)で¥39,658,633
 
ETHの価格が下がればこの限りではありませんが、逆に5年後ETHの価格が上がってるともっと利益が上がる可能性もあるのです。
もちろん今後5年PlusTokenがサービスを続けることが基本条件になりますが、夢のある試算ですよね。
 

プラストークンの始め方

プラストークンを始めたい!と思った人は、スマートフォンにプラストークンのアプリをインストールして、登録を行いアカウントを作る必要があります。
プラストークンのインストールやアカウントの作成は無料で可能ですが、少々コツが入ります。以下にプラストークンの始め方を説明しますので、見ながら作業してみてください。

 

プラストークンアプリのダウンロードとインストール

プラストークンのアプリはStoreで流通していません。以下のURLからアプリのインストールを行います。ただし、インストールが完了してもiOSの場合はエラーメッセージが出て起動できません。次からの手順でアプリの開発元を信頼して起動できるようにします。

 

  • iPhone:https://appdown.globalonline.cc/ios/share.html
  • Android:https://appdown.globalonline.cc/android/share.html
  •  

    信頼されていないエンタプライズデベロッパの対応(iOS)

     

     
    iOSの場合、アプリのダウンロード後インストールが始まりますが、おそらく「信頼されていないエンタプライズデベロッパ」というメッセージが表示されてインストールができません。
    このため、以下の対応を行い、デベロッパ(開発者)を信頼するに設定します。
     

    プロファイルとデバイス管理を設定する(iOS)

    [設定]→[一般]→[プロファイルとデバイス管理]の画面を表示させます。

デベロッパを信頼する(iOS)

プロファイルとデバイス管理より下段の「エンタープライズAPP」の欄に表示されている「China Petrochemical Corporation(※)」を選び、「China Petrochemical Corporationを信頼」を選び、確認メッセージで「信頼」を押します。
その後、再度インストールを実行するとインストールが完了するはずです。
※Ver2.4.1の情報です。バージョンによって名称が異なる場合があります。
 

プラストークンのアカウント登録

プラストークンのアプリのインストールが完了したら、アカウントの登録を行います。
プラストークンのアプリを起動したログイン画面の右上に「登録」という小さいリンクがあるのでこのリンクをクリックして、利用規約に同意します。さらに次の画面で携帯電話番号の入力を行います。日本は国番号「81」に頭のゼロを取った形の電話番号を入力します。(例えば、080-1234-5678という電話番号だった場合、8012345678となります)

情報登録時などでロボットでないための確認がしばしば入ります。図のように盾のようなマークを+の位置にドラッグします。
 

 

パスワードの登録

プラストークンはログイン時のパスワードと取引時のパスワードの2種類のパスワードが必要になります。
そのパスワードを確認を含め各2回ずつ登録します。最後に推薦コードの登録が必須となりますので、下の図に記載している推薦コードを入力して登録が完了です。
 

 

バックアップ補助文の設定とシークレットキーの保管

次にバックアップ補助文が表示されるので、この文字列をメモするなり、画面のスクリーンショットを取っておきます。一応このメモは保管しておくことをオススメします。
次に先ほどのメモの内容を入力する確認画面が表示されます。真ん中の画面の中段以降にランダムな順番で先ほどの文字列が表示されるので、メモした通りの文字列になるように順に選んで「確定」を押します。
順番が正しければシークレットキーが表示されるのでこのシークレットキーを保管しておきます。
ウォレットに万一何か問題が発生した場合、最悪このそークレットキーが無いとウォレットが復旧できずセルフGoxしてしまう可能性があるので大事に保管しましょう。
ここまで設定すれば入金して運用することが可能になります。
 

日本語表示への切り替え方法

日本語表示に切り替えるには、画面下の「I」→「Setup」→「Multilingual」から「日本語」を選択します。
概ね日本語で全てのボタンの意味がわかるようになりますが、機械翻訳された日本語のようで若干怪しい部分もあります。日本語の意味がイマイチわかりずらい時は英語表示の方がわかりやすい時もあります。

プラストークンへの入金/出金

プラストークンへの入金方法

プラストークンはウォレットアプリなので様々な通貨を入金しておくことができます。ただ、Plusトークンから両替できる仮想通貨は現状ETHだけなので、複利運用を考えるとETHを入金することが多いと思います。
ここではETHの入金の仕方を説明します。
トップ画面に通貨残高一覧が表示されるので、ETHを選びます。すると ETHの残高推移が表示される画面が出てくるので右下の「転入(Deposit)」を選びます。すると預け入れアドレスが表示されるのでそのアドレス宛に送金を実行します。
注)通貨毎にアドレスが異なります。間違った通貨を送金すると届かないばかりか、戻ってこない可能性すらあるため注意して送金します。
 

プラストークンからの出金方法

プラストークンからの出金は出金したい資産を選択したあとに画面下の「転出(Widthdraw) 」→「指定アドレスへの転出」から出金画面を開き、出金アドレスと出金額、取引パスワードを入力すれば出金指示が完了します。なお、出金手数料は0.3PLUSになるので、あらかじめ出金するには0.3PLUSをためてから出金するように気をつけましょう。

アービトラージ運用(AI-Dog)設定の仕方

いよいよウォレットにも入金が完了したので、プラストークンの一番の売りである「自動アービトラージ」の運用開始の設定をします。
画面下のメニュー「私(I)」→「AI-Dog」をタップします。
するとAI-DogのON/OFF操作画面が表示されます。運用したい通貨のスイッチをONにします。ちなみにONにするには最低500$以上の設定が必要になります。
スイッチをONにすると運用する金額(例えば、10ETHの場合「10」)と取引パスワードを入力して完了です。あとは待つだけでお金が増えていきます!

配当再投資(複利運用)の仕方

プラストークンは毎日「PLUS」で配当が支払われます。
この「PLUS」はイーサリアムに両替することができるので、イーサにした上で再投資に回すことができます。こうすることで利子を毎日元本に組み入れる複利運用が可能になります。
 

PLUS→ETHの両替方法

画面下の「資産」を表示すると、付与されたPLUSが表示されています。(毎日15時〜16時ごろまでには付与されるようです)。
付与されていることを確認したら「PLUS」→画面下の「両替」をタップします。
すると、両替画面が表示されるので、付与されたPLUSの金額を入力して、取引パスワードを入力して「提出」をタップします。確認メッセージが表示されるので「確定」をタップすればPLUSがETHに両替されます。
※両替にはわずかですが一定の手数料(記載時は0.2%)がかかります。
 

再投資の実行

AI-Dogに再投資するには画面下の「私」→「AI-Dog」→「ETH」でETHのAI-Dogを選びます。(すでに500$以上のETHでAI-Dogが稼働していることが前提です)
3段目の欄に再投資するETHの金額を入力して+をタップ、確認メッセージにて取引パスワードを入力すれば運用元本に通貨を追加完了です。

プラストークンでよくある質問

突然アプリを起動しようとしたら起動しなくなった

プラストークンでよくあるトラブルがこれです。特に月が変わったタイミングやOSのバージョンアップをすると起動しなくなったりすることがあります。
これは、「プロファイルとデバイス管理」で信頼されていないエンタプライズデベロッパを信頼する操作を行ったと思いますが、その信頼したプロファイルが使えなくなってしまっていることが原因にあることが多いです。
この場合、一度アプリをアンインストールして、再度ダウンロードしてインストールし、改めてエンタプライズデベロッパを信頼する作業を行うことで回復することが多いです。
インストールし直す場合、パスワードを忘れるとどうしようもなくなってしまうので注意しましょう。
 

BTCなど、ETH以外で出金したいんだけどどうすれば良いの?

プラストークンの場合、複利で運用する場合PLUSからはETHしか両替できないのでETHで運用する人がほとんどかと思います。
ただ、最終的に出金はETH以外の通貨にしたいという人もいるかもしれません。
この場合、PLUSトークンアプリ内ではETHから他の通貨に両替することはできません。
なので、一旦ETHでETHとのペアが多い取引所のウォレットに出金を行い、そのあと別の取引所で両替をする、もしくはchabgellyなどの両替サービスを活用するなどの方法がおすすめです。
なお、PLUSであれば「PSEX」という取引所に出金する機能が出金時のメニューであるのでPSEXで口座を作って「PSEX」に送金し、PSEXにてPLUSから他の通貨に両替をする、という選択肢もあります。




キーワード