暗号資産取引ナビ -CoinNavi-
暗号資産取引ナビ -CoinNavi- > 注目の取引所トークン > ZAIFトークン(ザフト) の特徴と将来性

ZAIFトークン(ザフト) の特徴と将来性


ZAIFトークン(ザフト)の特徴

仮想通貨取引所Zaifの運営会社が発行する独自トークン

ザフトは仮想通貨取引所Zaifを運営している会社テックビューロ株式会社が発行している独自トークンで、「ZAIFトークン」(大文字)が正式名称です。
トークンとは企業が発行する仮想通貨であり、発行元の企業の価値が上がるとトークンの価値も上がるという性質を持っています。

ZAIFトークン(ザフト)の価格推移


ZAIFトークンは国内の取引所で購入できる仮想通貨の中でも、独自トークンであるため、まだまだ出遅れ感のある価格推移となっています。
ビットコインの価格推移と相関性があり、ピーク時には過去四円近くまで上昇しています。

 

過去1週間で25倍の高騰を演じたことも

ザフトは当初Zaif取引所内でチップに使えるコインという程度の扱いでしかなかったのですが、1週間で1ZAIF=約0.1円から2.5円と25倍になる暴騰を演じたこともある通貨で、比較的少ない投資額でひとヤマ狙うことが可能な通貨になっています。

 

ZAIFトークン(ザフト)の将来性

ZAIFトークンのロックアップ

ZAIFトークンを発行するテックビューロ社は22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)を2018年12月末日までロックアップすることを表明しています。
ロックアップにより、今流通しているZAIFトークンの数が25%減ります。したがってZAIFトークンの価値が相対的に上がることが予想されます。
また、ロックアップしたザフトはNEMに移行させる予定となっていますので、ロックアップ解除後もザフトが市場に増えることはないのではないかと考えられます。

 

テックビューロ(Zaif)の伸びしろ


 
日本を代表とする仮想通貨取引所だったコインチェックのNEM流出問題により、従来コインチェックを利用していた人がZaifに乗り換えるなど、仮想通貨界ではZaifの存在感がますます高まっています。
また、TVCMも開始され、いままでZaifという仮想通貨取引所を知らなかった層にもZaifの知名度が高まりつつあります。
Zaifを運営しているテックビューロという会社は仮想通貨取引所であるZaifの運営だけでなく、NEMの開発にも積極的に関与しNEMと共同で「カタパルト」というプロジェクトの開発にも関わるなど、仮想通貨自体の開発にも関わる企業でもあります。今後テックビューロの活躍フィールドはさらに広がることが予想されるため、ZAIFトークン(ザフト)の価格上昇も期待されています。

 

ZAIFトークン(ザフト)の評判


 

ZAIFトークン(ザフト)が買える取引所

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)

Zaifは取引手数料が安いことで有名な取引所です。XEMの手数料も他社より低い水準で提供しており、有利に買うことができます。何より、mijinやcatapultで実際にNEMの開発に関わっているテックビューロが運営している取引所で独自トークンであるZAIFトークンもZaifだけで購入可能です。




キーワード