ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ
ビットコイン取引所 口座開設比較ナビ > 仮想通貨取引活用編 > リップル(XRP)をバイナリーオプションでトレード

リップル(XRP)をバイナリーオプションでトレード


おすすめビットコイン取引所

 bitbank(ビットバンク)

リップル取引量世界一位!リップル取引なら特におすすめ!

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

QUOINEXがLiquidにパワーアップ!圧倒的な流動性を備えたプラットフォーム。

GMOコイン

スマホのチャート機能が圧倒的に高性能!取引所形式も開始してますます便利に!

Binance(バイナンス)

世界最大の海外取引所。今後有望なアルトコインを多数取扱。手数料も非常に安い!

changelly(チェンジリー)

仮想通貨の両替サービス。有利なレートで違う仮想通貨に直接両替できる!


仮想通貨取引所ランキングはこちら→国内取引所海外取引所ビットコインFX
 

XRPに注目が集まる今、乗るべきかやめておくべきか?


 
リップル社の大型カンファレンス「SWELL」を控え、XRPの通貨が元気です。
xRapidの本格稼働の期待とSWELLの期待で、もっぱら期待上げの様相を見せていることは確かで、この後大きく値をあげることも下げることもあり得る状況です。
仮想通貨の場合、暴騰、暴落局面に入ると時としてテクニカルもあてにならない動きをすることもあるため、ちょっと難しい状況であることは確かです。
そのため、今 XRPに乗るべきか、やめておくべきか悩んでいる人も少なくないのかもしれません。
 

バイナリーオプションという選択肢


 
買うべきか、買わざるべきか、ただちょっと参戦して見たい気も・・・という時はバイナリーオプションでチャレンジする、という選択肢があります。
バイナリーオプションの場合、1.85〜2倍のリターンになって帰ってきます。
例えば、XRPがこの記事の執筆時点では62.3円なのですが、2倍のリターンを狙うには124.6円まで価格が上昇する必要があるのですが、バイナリーオプションの場合、判定時刻(翌日朝方)の価格が購入時点の価格より上がる、もしくは下がるだけで1.85倍から2倍のリターンを得ることができます。
ただし、予想から外れると0円になってしまうので、注意が必要です。
 

少額の投資がオススメ

とりあえず、XRP投資をちょっとしてみたい、ただリスクを抑えたいというのであれば、バイナリーオプションで1万円とかの単位で投資してみるのがオススメです。
負けても1万円の最大損失ということで、あらかじめ損失が決まっていますし、勝てば8,500円から1万円の利益が得られるのでXRPを現物で1万円分購入するよりも大きなリターンが確実に得られます。
例えば、1XRP=62.3円とすれば、1万円で購入できるのは160リップル程度になります。仮に1日に20円上がるという暴騰シナリオで考えても現物購入の場合3,200円の利益です。
1万円を元手にレバレッジ25倍で取引したとして場合、4012XRP程度になるため、同じように仮に20円上がれば8万円という大きな利益を生み出しますが、それ以前にちょっと相場が逆に動くだけで証拠金維持率を割り込み退場するリスクが非常にある上に、強制ロスカットされても証拠金以上の損失まで拡大するリスクがあります。
そういう意味でバイナリーオプションはある程度リスクを抑えつつ、リターンを狙うことができる投資商品になっています。
 

トレンドの局面では勝ちやすい

バイナリーオプションはトレンド相場の局面では順張りが基本です。
特に仮想通貨は大きなトレンドが出ると、しばらくは継続する傾向があるため、現在のXRP相場は比較的順張りでバイナリーオプションを行いやすい状況にあると言えます。
 

現物/FX取引のリスクヘッジにも

現物やFX取引を行う場合でも、バイナリーオプションはある程度リスクヘッジとして活用することができます。
現物/FXで買った場合、バイナリーオプションで「売り」をある程度いれておくことで、相応のリスクヘッジをおこなうことができます。バイナリーオプションを通常の投資にうまく取り入れて、リスクコントロールや収益拡大にチャレンジするのも面白いですね!

XRP取引対応のバイナリーオプション業者

Japanese all-rounder
ハイローオーストラリア

ペウアウトが高いのが特徴の国内で一番メジャーな海外バイナリー業者。ビットコインをはじめ5種類の仮想通貨を取扱っており、ビットコインとビットコインキャッシュの入金にも対応しています。ペイアウトが2倍になる「スプレッド」取引は値動きの大きい仮想通貨に向いているといえるでしょう。




キーワード